ガンハザードInスクウェア

第3回はこのゲーム。ジョウホウシリカゲルの発足4作品のうちの1つです。

スーファミ時代のスクウェアは「外れクジがない会社」と言わしめてました。

このゲームも漏れなくそうなんですが惨めにもあんまり売れてない

まぁ、作った会社は大宮ソフトという「カルドセプト」などコアユーザー向けの会社なんですが。

実は何を隠そう「重装騎兵ヴァルケン」の制作者で作った会社でもあるわけで…。

発売当初は「ヴァルケンのパクリ!」言われてましたが、そりゃ開発者同じじゃそうなるわ

売り上げが無かったのは「フロントミッション」という名前を付けてしまったせいです。

フロントミッションはブランド的にSLGとして定着しちゃったのにガンハザードはアクション。

例えてみれば、有名なSLG「ファミコンウォーズ」の続編が横スクロールアクションなった印象…。

そりゃ、売れないわ。

でもまぁ、アクションRPG好きとしては是非抑えておきたい一本ではある。

実はロボット物のアクションRPGって、全体的にあまり見受けられない。

アクションRPGが好きなら是非とも購入をお勧めしておく。

 

さて、評価の方ですがスクウェアらしくグラフィックも美麗で、ロボットならではの重厚感はヴァルケン時代そのまま。

音楽もなんか凄い方(名前は知らない)が携わっているらしいし、絵師も天野氏だし。

ストーリーはちょっといまいち。まぁ、所々におもしろい箇所はあるものの、単調すぎる。

アクションRPGにストーリー性を求めてるのもどうかと思いますが…。気にならない人は気にならないでしょう。

アクション面の問題は主人公強すぎる事。アクションなんだから、機体の弱さをテクニックで補わせてほしい。

このゲームはショットガンだけで進めますからね…。サブウェポンなんて使わない人は使わないでしょうに…。

もう少しプレイヤーに創意工夫させてほしかったです。ヴァルケンのプレイヤーには温すぎでしょう。

ただ、これ以外の面は完璧。操作性良し、雰囲気良し。設定も結構、緻密に作られてますし。

とくに機体から乗り降りして行動する時なんて「潜入してるなぁ」って思えて、素直にうまい演出だと思う。

私の評価は79/100です。私はアクション大好きなんで評価は少し甘めです。

スーファミワゴンで探すのは比較的に簡単なので、すぐに見つかると思います。

ただ、一つ言っておくことがある。バイオハザードは関係ない!!

戻る

inserted by FC2 system